おいしいスムージーと通販の青汁はどっちがいいの?

最近海外セレブの間で「スムージー」という飲み物が流行しているそうです。日本でも、スムージーブームが起きており様々なレシピがインターネットやテレビ、雑誌に広まっています。またスムージーを作るための機械も数多く売られており、誰でも簡単にスムージーデビューできる環境が整っているのです。

自分で好きな野菜や果物をスムージーに

スムージーを作るためには、自分の好きな野菜や果物をスムージーを作る専用の機械へ投入します。そしてスイッチを押し、どろどろの液状になるまでかき混ぜたらできあがりです。野菜や果物の組み合わせによって味が変わりますし、かき混ぜ具合によっては食感を楽しむことが出来るスムージーも作れますので毎日の無健康飲料として評価が高いのです。

自家製の青汁ができあがる

言い換えてみれば、スムージーは自家製の青汁とも言えるかも知れません。もちろん青汁ほどクセの強い食材ばかりを入れなくてもよいのですが、健康成分を色々と摂取できるという点に関しては青汁と何ら変わりませんね。

通販で売っている青汁と比較すると?

では自分で作ったスムージーと、定期で売っている青汁を比較した場合どちらを飲むことが健康によいのでしょうか。これは一概に比較できるものではありませんが、手軽に健康を手に入れたいならば通販で売っている青汁に軍配が上がるでしょう。

といいますのも、スムージーを作るためには自分でを購入しなければなりません。それに自分で切ったり機械へ材料を投入したりと、面倒なこともいろいろついてまわります。最後は機械を掃除しなければならないと考えれば、粉末を水にかき混ぜて終わりの青汁とは全く違う面倒な存在であることがおわかりいただけるのではないでしょうか。

味わいやおいしさはそれぞれある

とはいえ、味わいやおいしさはスムージーにしろ通販で売っている青汁にしろそれぞれ特徴があります。どちらがおいしいのかという話になると、もはや個人差が生まれてしまいますのでここでは言及できません。

手間暇を惜しまずスムージーを作ることが出来るというのであれば、スムージーを飲むのがよいでしょうし、手間なく青汁を飲みたいというのであれば通販で売っている青汁を活用しましょう。

ライフスタイルに合わせて使い分けてみよう

皆さんのライフスタイルに合わせ、スムージーと青汁を使い分けていただければよいでしょう。ぜひ検討してみてくださいね。

健康に気遣いお金も節約したいあなたが持つべき青汁

外へ出かけるときに「熱中症になってはいけないから」とお水を持ってらっしゃる方は多いかと思います。夏の季節だけではなく、冬場にだって「お水を外で買えばそれなりの出費になってしまうから」という理由で水筒やペットボトルにお水を詰めて出かけてらっしゃる方もいるでしょう。しかしお水だけでは少し物寂しいですね。

のどを潤すことには困らないけれど

お水を持っていれば、のどを潤すことには全く困りません。ただ、ひたすら無味無臭が続きますので途中で飽きてしまうでしょう。お水に飽きてしまうという表現も合っていないかも知れませんが、周りがお茶を飲んでいたりジュースを飲んでいたりするのを見ると「やっぱりあちらを買えばよかった」と思うのです。

時には嗜好を変えた味も飲んでみたい

時々は、お水ではなくちゃんと味の付いた飲み物も飲みたいですね。ならばお水を持ち歩かずに喫茶店や自動販売機でジュースを買えばよいとお考えになるかも知れません。もしもそんなことを毎日続けていたらそれこそ大きな出費になってしまいます。毎月のお給料は限られているというにもかかわらず、なかなかそんな無駄遣いは出来ません。

健康に気遣いながら味を変えるためには

値段も安く、味も違う飲み物を飲み、なおかつ健康に気遣うためには「青汁」をおすすめします。毎日飲む飲み物であるからこそ、青汁は値段が安く設定されていることが多くあります。特に定期購入コースへ申し込むと、自分から注文せずとも青汁の販売会社が定期的に発送してくれるため発注の手間も省けるのです。さらに値段も割り引いてくれるのですから、毎度毎度発注することはやめて定期購入コースを申し込みましょう。

鞄の中に数袋入れておいてもいいだろう

出先でさっと青汁を楽しむため、鞄の中に青汁の粉末の袋を数袋入れておいてもいいかもしれません。もしもお水を持ってくることを忘れてしまったときにも、お水のペットボトルさえ購入してしまえばすぐに青汁を頂くことが出来るからです。暑いときにも寒いときにも、青汁はジュースのように味が口の中にまとわりつくわけではなくお水のように無味無臭というわけではありませんからすっきり頂けますよ。

外でも健康に気遣うために

家の中では健康に気遣っていても、外に出た途端ないがしろにされてしまう方は少なくありません。どんなときも健康への気遣いは必要ですから、ぜひ外でも健康に気遣ってみてくださいね。